大根の糖質量

このエントリーをはてなブックマークに追加   

大根の糖質量はどのくらい?/糖質制限レシピもご紹介


糖質が多い食品は危険がいっぱい!
まずは糖質を知りましょう。

糖質は、多い食品を食べ過ぎると、それは肥満の原因や高血圧、糖尿病になる恐れがあります。
ですので、糖質制限は食生活において非常に大事なことになります。

大根の糖質量は、どの程度なのでしょうか。
また、糖質制限レシピには、どんなものがあるのでしょうか?
まず、大根の糖質量から解説していきます。

スポンサーリンク

生のときの糖質量は?
また加工するとどのくらいなの?


大根の糖質量は、100gあたり約3g入っています。

この量は、平均より少し高い糖質量になります。
また、大根は切干大根に加工すると、他の野菜を圧倒するくらいの糖質量になります。

その量なんと、100gあたり約50g!
ダントツ1位の糖質量です。

一日の推進糖質摂取量が50gだと考えると、切干大根の糖質量の多さが分かると思います。

おでんにびっくりの糖質量。
その量とは...?

大根100gというのは、コンビニのおでんの大根くらいです。
輪切りの大根なんて、空腹のときは2、3個食べることができますよね。
でも、その時点でかなりの糖質量になっています。

おでんは、ダシ汁に砂糖を入れているので、さらに糖質量を増します。
つまり2、3個食べるだけでも、15g以上の糖質を摂っている事が予測できます。

ですので、煮物類は糖質制限には不向きでしょう。
それでは、大根の糖質制限レシピはどのようなものがあるでしょうか?

スポンサーリンク

糖質制限はやっぱり生!
生と言ったら...?

  大根で糖質を抑えるのなら「生食」がいいでしょう。

生食でまず思い浮かぶのは、サラダだと思いますが、サラダにかけるドレッシングに注意が必要です。
ドレッシングは、砂糖を大量に使っているので、ポン酢を代用するのがいいでしょう。

また、和え物も糖質が少ない料理なので紹介します。

大根の大葉和え

  1. 大根の皮を剥き千切りにします。
  2. 大葉を5枚重ね丸めて横切りして下さい。
  3. 大根と大葉、ポン酢をボールに入れよく和えます。
  4. お皿に盛って上に鰹節をかければ完成です。

メインの料理にはなりませんが、バランスよく大根を摂りたい場合は、和え物がおススメです。

糖質は必要栄養素という事を忘れずに...

大根は、カロリーがとても低いので、ダイエット食として使われる場合がありますが、実際のところダイエットには向いていません。

ダイエットは、カロリーだけを考えると、まず成功しないのです。

  1. 低糖質量
  2. 食べ応え
  3. 低カロリー
これら三つを兼ね備えて、はじめてダイエット食と言えるのです。

また、糖質は身体にとって重要なエネルギー源にもなります。
適度に大根から糖質を摂取するのは、とても健康的です。
一日の内、大根を300g程度摂れば、適度な量と言えるでしょう。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加