大根の賞味期限はどのくらい?

このエントリーをはてなブックマークに追加   

大根の賞味期限と消費期限について


この大根食べれるのかな?
ちょっと待って!
消費期限は大丈夫ですか?

賞味期限と消費期限、これらの違いをご存知でしょうか?
賞味期限は、本来の味わいがある期間。
消費期限は、腐敗しない期間です。

大根の賞味期限と消費期限は、どのくらいなのでしょうか?
大根の本来の味わいや、腐敗したときの状態を解説していきます。
また、期限を延ばす方法はあるのでしょうか?

スポンサーリンク

賞味期限と消費期限の平均はどのくらい?


大根の賞味期限と消費期限は、他の野菜と比較すると、比較的長い部類に属します。
これは、大きさを考えると嬉しい事ですよね!

賞味期限は、大体一週間半ほどで、消費期限は1ヵ月ほどです。
しかし、これは大根を適温下に置かなければいけません。

大根の適温とは何℃なのでしょうか?

消費期限を延ばす保存方法とは何でしょうか?

大根の消費期限は、一ヵ月以上ですが、これは冷蔵庫で保存した場合です。
大根の適温は、5℃前後で、冷蔵庫の温度が適温なのです。
冷蔵庫で一ヵ月日持ちさせるには、濡れた新聞紙で包むなど、一手間必要です。

また、消費期限の過ぎた大根は、どのような特徴があるのでしょうか?

スポンサーリンク

絶対に食べてはいけない大根の特徴とは?

消費期限が過ぎた大根は、特徴があります。

まずは、臭いです。
消費期限の過ぎた大根は、すっぱい臭いがします。

また、色にも注目です。
実の部分にカビが生えて黒ずんでくるのです。

さらに分かりやすいのは、手触りです。
傷んだ大根はやわらかい、ふにゃふにゃな手触りになります。
これは水分が抜けてハリがなくなったことを示しています。
長期保存していた大根がやわらかい、またはふにゃふにゃな場合は、臭いや色を確かめて違和感があれば、絶対に口にしないようにして下さい。

それでは、賞味期限中や賞味期限が切れた大根は、他にどのような特徴があるのでしょうか?

保存は庭でも出来ます!
また賞味期限が切れた場合の食べ方とは?

新鮮な大根はハリがあって、甘さと辛さのバランスがとても良い状態を指します。
しかし、このハリも、冷蔵してから日を追う毎に劣化していきます。

まず、辛味が強くなり甘味が抜けていきます。
さらに水分も抜けるので、輪切りにした時に断面が乾いた状態になるのです。
また、シャキシャキ感が4日目以降から落ちていきます。

大根の賞味期限は、一週間半ほどですが、正しく保存しましょう。

保存方法は、適温に入れるのもいいのですが、冬場は土に入れても賞味期限が延びると言われています。
泥を落とす手間は増えますが、大根を沢山もらった時などは、活用したい保存方法になります。

また、賞味期限中は煮物、焼き物、生食など食べ方を選べますが、賞味期限が切れた場合は生食は避けて加熱調理をおススメします。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加