はちみつ大根

このエントリーをはてなブックマークに追加   

はちみつ大根がのどに効果を発揮する理由とは?


はちみつの効果とは?
単品でも素晴らしい効果です!

風邪の時に悩ましいのは、のどの痛みだと思います。
ほとんどの原因は、のどの炎症でしょう。
多くの人は、薬を使い炎症を抑えます。
しかし、もっと健康的にのどの痛みを抑える方法があるんです。

それは、はちみつの炎症抑制効果です。
はちみつの炎症抑制効果は、学会にも発表されている信用度のある方法です。
この効果をさらに増加させるには、大根を使うのがいいと言われています。
「大根×はちみつ」とは、どのような相乗効果が生まれるのでしょうか?

スポンサーリンク

はちみつと大根には意外な共通点があった?


はちみつと大根に共通する作用とは、「抗炎症作用」「殺菌作用」です。
この二つをブレンドする事により、強力な痛み止めになります。

また、内服という形になるので、患部に直接効果をもたらします。

また、はちみつに大根を掛け合わせることによって、はちみつの形状が変わります。
それはどのような形態になるのでしょうか?

はちみつが大幅に変化!?
それは大根の○○に秘密がありました。

はちみつの形状は、どろどろしていますよね。
この中に大根を入れると、はちみつはサラサラになるんです。
これは、大根に含まれる水分がはちみつと混ざることが理由になります。

はちみつだけを食べる(飲む)のは甘ったるいし、時間も掛かります。
はちみつ大根のメリットの一つは、飲みやすいというのが挙げられるでしょう。

それでは、はちみつ大根の気になる作り方を紹介します。
作り方はとても簡単で、5分もあれば誰でも作れちゃうんです!

スポンサーリンク

作り方は超簡単です。

はちみつ大根を作るのには、カットした大根と、はちみつが入る大きめな瓶が必要です。

  1. 瓶を用意したら、その中にサイコロ状の大根(1cm四方)を入れます。
  2. その中にはちみつを入れて5時間ほど置いたら完成です。

サイコロ状の大根は、すぐに傷んでしまうので、完成したら取り出しましょう。
水でよく洗って塩揉みすれば、甘みと塩気のある美味しい大根の蜂蜜漬けを食べることができます。

それでは、はちみつ大根の効果を改めて見てみましょう。
その効果は、のどの痛みだけではありません。

もう一つの効果と用法とは?

  はちみつ大根は、地域によっては、わりとメジャーな料理で、古くからのどの痛みに効く民間療法として扱われていました。

また、のどの痛みだけではなく、咳の予防・治癒にもなります。
長引く咳や、のどの痛みには、はちみつ大根がおススメです。

はちみつ大根の用法なのですが、オチョコ1、2杯がいいとされています。
甘くて飲みやすいのですが、あまり飲みすぎると糖分の摂りすぎで高血圧になる恐れがあるので、くれぐれも飲みすぎには注意して下さいね。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加