大根の栄養

このエントリーをはてなブックマークに追加   

大根の栄養価と効果効能について


大根は昔から健康に良いと考えられてきました。
健康の鍵となる食生活に野菜は欠かせない食品です。
大根に含まれる栄養とはなんでしょうか?
また、その効果効能を探ります。

国内外で歴史の深い大根には、様々なことわざがあります。
有名なものは、「大根役者」ですよね。
この言葉の由来は、大根の効果効能に関係があったんです!

それは、「大根を食べると食あたりにならない」→「当たらない」。
「当たらない役者」=「大根役者」という事です。
まだまだある大根の効果効能を順に見てみましょう!

スポンサーリンク

どの成分もあることに有効?
有名なビタミンも入っています。


大根に含まれる栄養の多くは、老化防止に役立っています。
栄養素としては、ビタミンAやフラボノイドは効酸化作用を持ち、肌の劣化防止や、肌の再生の効果効能を持っています。

また、ビタミンCも豊富に含有しています。
ビタミンCは、肌のシミなどを防ぎ、コラーゲンの生成の手助けになります。
つまり大根は、美肌のための効果効能をたくさん持った野菜なのです。

二つの消化酵素!
どんな効果効能が期待できるのでしょうか?

   始めに書きましたが、「大根を食べると食あたりにならない」という効果効能とは、何という成分からきているのでしょうか?

これは、大根に含まれる
  • ジアスターゼ
  • オキシターゼ
という消化酵素によるものです。

ジアスターゼ、オキシターゼという栄養成分は、身体に有毒なものを食べた時に、それらを浄化する効果効能があります。
また、癌の成分を抑制する効果効能もあるので、偏食気味の人は大根を摂るようにしましょう。

また、ジアスターゼ、オキシターゼはその効果を増加させる方法もあるのです。

スポンサーリンク

消化酵素を沢山摂れる方法と全く摂れない方法とはなんでしょうか?

ジアスターゼ、オキシターゼという消化酵素は加熱すると消失してしまいます。
消化酵素を摂りたい場合は、おでんにしたり味噌汁の具などで、加熱するのは避けてください。

また、生野菜としてサラダに入れるより、すりおろしにして食べた方が消化酵素の効果は倍増します。
これは消化酵素が包まれている、細胞壁が壊される事が理由になっています。

消化酵素の効果具体例とは?
またビタミン類も解説します。

消化酵素であるジアスターゼ、オキシターゼは、二日酔いや胸焼けにも効果的です。
消化酵素は、名前の通り胃の働きを改善させる効果をもつのです。
ちょっと胃の調子が悪いな...と感じたら大根をすりおろして食べると症状が和らぎます。

また、大根のビタミンやカロチン、カルシウムは実の部分にも含まれていますが、実は葉の部分の方に多く含まれているんです。

ついつい捨ててしまいがちの大根の葉ですが、調理するにも簡単でそれでいて美味しいので、ニキビ、シミなどに悩んでいる人は、大根の葉を食べて美肌を手に入れましょう。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加