大根を英語にすると

このエントリーをはてなブックマークに追加   

大根を英語で言うとどんな発音?


なかなか聞くことがない大根の洋名とは?
日本で古くから親しまれている野菜の読み方は、和名で表記されています。
例えば、長ネギやゴボウなどが挙げられます。
それでは、大根はどうでしょうか?

大根は弥生時代から食べられていたという記録があり、日本にとって馴染み深い野菜と言えます。
その大根は、英語で言うとなんと言うのでしょうか?

また発音や読み方も紹介します。
発音を聞くと分かるのですが、日本人が苦手とする英語です。
あまり聞きなれない単語なので、英語で言うと「?」となってしまうので綴りから紹介します。

スポンサーリンク

まずは単語から見てみましょう。
意外と長い英語です。


大根を英語で綴ると「Japanese white Radish」です。

なんだか英文みたい、と思う人もいるかもしれません。
この英語は、「Japanese white」と「Radish」で分けて考えて下さい。
「Japanese white」は「日本の白い〜」や「白い日本の〜」と訳せるのですが、「Radish」とはなんでしょうか?
まずは「Radish」から解説していきます。

大根は日本が名産地です。
英語にしてもその特徴を引き継ぎます。

  「Radish」の意味は、「ハツカ大根」という意味を持っています。

これは、海外では割とポピュラーな赤い丸い大根です。
また読み方は、ラディッシュと言います。
発音は「ラ」の部分を強調して、ディッシュまで言い切る読み方がいいでしょう。

このRadishにJapanese whiteを足すと、「日本の白い大根」という英語になるのです。
発音は、一つ一つの単語をはっきり発音すると伝わりやすいです。
また、英語で言うとラディッシュですが、イギリス英語だとまた違う言い方になります。

スポンサーリンク

イギリスでは呼び名は二つあるんです。
一つはお馴染みの...

世界でも日本の白い大根は人気です。
もちろんイギリスでも食べられています。

しかし、イギリス英語で大根は、「mooli」と呼ばれています。
「mooli」の読み方はムーリと言います。
発音は「ム」を強調し、「ーリ↓」と、最後に落ちるニュアンスで発音しましょう。

また、「mooli」という言い方とは別に、「Daikon」と表記されている場合もあるんです。
海外に行って「Daikon」と書いてあったら、なんだか嬉しいですよね。

大根の語源とは?
「Radish」には原型があったのです。

   「Radish」は、「Radix」というラテン英語が語源になります。
Radixの意味は、根っこという意味があります。
この英語が変形してRadishになったのです。

また、日本名産の大根という事で、白い大根は「Japanese white Radish」と呼ばれますが、他には「Chinese radish」や「Oriental radish」など呼び方があります。

和訳すると、
  • 「中国の大根」
  • 「東洋の大根」
という意味です。

つまり、白い大根はアジアで親しまれてきた大根という事が伺えます。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加