甘い大根と辛い(からい)大根

このエントリーをはてなブックマークに追加   

大根が甘い理由と辛い(からい)理由


大根の辛さには秘密があるんです。
大根を食べると辛い(からい)と感じますよね。
でも、大根は本来辛い(からい)成分は含まれていないんです。

辛味がないのに辛い?なんだか分かりづらいですよね。
これは、大根に含まれる成分が関係しているのです。

それでは、大根の「甘い」はどこからきているのでしょうか?
これも、大根に含まれる成分に由来します。
今回は大根の「甘い」「辛い(からい)」を解説していきます。

スポンサーリンク

甘みとからみの元とはなんでしょうか?


大根の甘いという味覚は糖質からです。
大根は糖分を多く含んだ野菜なので、大根の種類によっては驚くほど甘いものもあるんです。

それでは、「からい」という味覚を説明したいと思います。

大根に含まれる成分には、アリルイソチオシアネートというものがあります。
これは、ワサビにも含まれている成分で、抗菌作用を持っています。

アリルイソチオシアネートは、ある事により「からい」を生成します。
それはどのような事でしょうか?

アリルイソチオシアネートをより多く活発化させる方法とは?

大根がからい理由は、アリルイソチオシアネートという成分によるものですが、この成分は破壊される事により「からい」を生成するのです。
破壊というのは、噛んだり切ったりする事です。

それでは、このアリルイソチオシアネートを一番強く発揮する方法を紹介します。
それは、「大根おろし」です。

大根おろしは、幾度となくアリルイソチオシアネートの細胞を破壊して、辛いを生成させます。
辛いを生成させると同時に、アリルイソチオシアネートが持つ「抗菌」も沢山生成させるのです。

また、アリルイソチオシアネートが沢山含まれる部分があるので紹介していきます。

スポンサーリンク

部位によってアリルイソチオシアネートの量も変わります。

  大根の辛味の正体「アリルイソチオシアネート」が、多く含まれる部分があるのをご存知でしょうか。
それは、大根の根っこの部分になります。

その量は、葉の部分のおよそ10倍と言われています。

それでは、大根は葉に近い部位か根に近い部位どっちが身体にいいのでしょうか?
どっちも身体にいいのですが、葉に近い部分は「美容面」に優れていて、根に近い部分は「健康面」に優れています。

アリルイソチオシアネートは減少する成分です。

アリルイソチオシアネートは、大根が新鮮なほど多く含まれていて、日を追う毎に減少していきます。
この成分を多く摂取したい場合は、賞味期限以内に大根を食べましょう。

また、大根が甘い理由は、太陽の力も関係しています。
葉に近い部分は、栽培中、太陽に近い部位なので甘いという味覚が強いのです。
これは、大根以外の野菜にも共通することです。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加