大根

このエントリーをはてなブックマークに追加   

【大根の教科書】で学べる大根の豆知識


大きさの割りに安く買える大根は、古くから日本人に親しまれてきました。 歴史があるだけに大根を使った料理はたくさんありますよね!
まず思い浮かべるのは、「おでん」
大根のおでんは、実に味が染み付いて、ご飯のおかずやお酒のおつまみにも最適です。
でも、この美味しい大根おでんは、作るまでに色々な行程があるんです。
その簡単レシピを紹介します。

この他にも、大根を使ったレシピは盛り沢山!
煮物や焼き料理、大根サラダなど定番レシピも一挙公開します。
また、大根は体調を整える作用もあるんです。
密かに人気な大根と「はちみつ」を使った薬膳レシピも紹介します。

大根に含まれる成分はご存知でしょうか。
なんとこの成分には、
  • 「美容効果」
  • 「癌予防」
  • 「老化防止」
などの効果があるので、詳しく解説していきます。

1本1kgもある大根をとても食べきれないという人には、大根を長く保つ保存方法も紹介します。
保存方法は、常温から冷蔵保存、冷凍保存もあるので必見です!
また、保存方法によって大根の煮物が美味しくなる場合もあるんです。

女性が気になる「大根ダイエット」の効果や評価も掲載しています。
大根のカロリーから糖質量まで計算して、効率の良いダイエット法を解説します。
大根の美味しさだけではなく、栄養面や雑学などもこの記事で覚えていきましょう!

スポンサーリンク

おすすめの保存方法と保存期間について

大きい野菜の保存は期間も方法も気になりますよね。
カットして販売されている場合はいいのですが、丸ごと売っていると「傷ませてしまうんじゃないかな?」と心配してしまいます。

大根もそのタイプの野菜ですよね。
「1本丸ごと買ったら保存期間はどのくらいなの?」とか、「保存方法はどれが一番いいの?」とか、様々な疑問が浮かびます。
ここでは、大根の保存方法や保存期間を詳しく解説します。
大根は正しく保存すれば期間がぐ〜んっと伸びるんです!


《続きを読んでみる》


葉っぱに含まれている驚くべき栄養や成分とは?

レストランでは、野菜の皮や葉をダシに使うため取っておく事があります。
よく使われるのは、カブの葉やニンジンの葉、ブロッコリーの茎です。
でも、一般の家庭ではあまり見ない調理法で、多くの場合は可食部以外は捨ててしまうでしょう。
大根の葉っぱもダシにも使えるのですが、食べても美味しいんですよ!
しかも、栄養も豊富で色々な効果が期待できます。
今回は大根の葉っぱの栄養やレシピを紹介します。


《続きを読んでみる》


ダイエットにはどのくらい効果があるの?

ダイエットに効果的な野菜は沢山あります。
それぞれ特徴を持っていて、正しいやり方をすればダイエットを成功させる事が出来るでしょう。
でも、正しいやり方って分からない場合もありますよね。
大根を使ったダイエットも非常に効果的なのですが、ただ食べるだけではなく、これにもやり方があるんです。
レシピによっては、美味しく減量することが出来ます。
今回は、大根を使った正しいダイエット法やレシピを紹介します。


《続きを読んでみる》


洋名と英語での発音について

日本で古くから親しまれている野菜の読み方は、和名で表記されています。
例えば、長ネギやゴボウなどが挙げられます。
それでは、大根はどうでしょうか?

大根は弥生時代から食べられていたという記録があり、日本にとって馴染み深い野菜と言えます。
その大根は、英語で言うとなんと言うのでしょうか?

また発音や読み方も紹介します。
発音を聞くと分かるのですが、日本人が苦手とする英語です。
あまり聞きなれない単語なので、英語で言うと「?」となってしまうので綴りから紹介します。


《続きを読んでみる》


冷凍しても美味しく食べられる?冷凍保存の方法とは

大根は個体によってはかなり大きいものもあり、食べきれない場合があります。
そんな時は、冷凍で保存するという方法があります。

常温でも大根は保存期間が長いのですが、冷凍保存するとさらに期間が延びます。
しかし、大根の冷凍保存にはメリットとデメリットがあるのです。
このデメリットを利用したレシピもあるので、解説していきます。
このレシピを覚えれば、本格おでんが作れるかもしれません!


《続きを読んでみる》


どんな効果と効能がある?栄養価について

健康の鍵となる食生活に野菜は欠かせない食品です。
大根に含まれる栄養とはなんでしょうか?
また、その効果効能を探ります。

国内外で歴史の深い大根には、様々なことわざがあります。
有名なものは、「大根役者」ですよね。
この言葉の由来は、大根の効果効能に関係があったんです!

それは、「大根を食べると食あたりにならない」→「当たらない」。
「当たらない役者」=「大根役者」という事です。
まだまだある大根の効果効能を順に見てみましょう!


《続きを読んでみる》


1本あたりのカロリーはどのくらいなの?

ダイエット中の人や栄養管理をしている人は、カロリーが気になりますよね。
低カロリーでバランスの良い食事が、健康的な身体を作ります。
大根の1本のカロリーは、どのくらいなのでしょうか?
また、漬物やおでんにすると、そのカロリーはどのくらい変わるのか解説します。

1人で1本大根を食べる事はあまりないと思いますので、カットした大根のカロリーも紹介していきます。
また、漬物、おでんはダイエット向きなのでしょうか?
詳しく解説していきます。


《続きを読んでみる》


はちみつ大根は健康に良い!その理由とは?

風邪の時に悩ましいのは、のどの痛みだと思います。
ほとんどの原因は、のどの炎症でしょう。
多くの人は、薬を使い炎症を抑えます。
しかし、もっと健康的にのどの痛みを抑える方法があるんです。

それは、はちみつの炎症抑制効果です。
はちみつの炎症抑制効果は、学会にも発表されている信用度のある方法です。
この効果をさらに増加させるには、大根を使うのがいいと言われています。
大根×はちみつとはどのような相乗効果が生まれるのでしょうか?


《続きを読んでみる》


下茹でする理由と下茹での方法

野菜は、茹でてから本料理に入るという手法があります。
この手法を、下茹でといいます。
大根も料理によっては下茹でが必要な野菜の一つです。
なぜこのような回りくどい事をするのでしょうか。

下茹ですると、味はどのように変わるのでしょうか。
これにはそれぞれ理由があるのです。
今回は、大根下茹でをする理由と、下茹での方法を解説します。


《続きを読んでみる》


部位ごとに適した調理の仕方

お肉は、部位によって味が変わりますよね。
ロースやハラミや舌に至るまで、その味を変えます。
野菜も部位によって味が違うんです。
特に大根は部位によって、味が大幅に変わる野菜なのです。
ですので、部位によって料理の種類も変わります。
大根の部位の解説や、それに見合った料理などを紹介していきます。


《続きを読んでみる》

スポンサーリンク

簡単で人気のレシピをご紹介します!

大根の人気レシピは沢山ありますが、料理をやり始めた人には難しい料理もあります。
ですので、簡単な人気レシピを紹介します。

大根は火を使わない和え物や煮物、炒め物などその用途は幅広く、今でも新しい料理が度々生み出されます。
今回は、新しいレシピも、昔からある簡単レシピも、一挙に紹介します。
大根料理を機に、さらに料理上手になりましょう。


《続きを読んでみる》


大量消費に適したレシピでおすすめなのはこれ!

大根を大量消費するのは、なかなか難しいですよね。
1本1本がかなりのサイズというのが理由だと思います。
でも、料理によっては、大量消費が簡単にできちゃうんです。
その中でも人気な大根レシピを紹介します。

簡単レシピの手段は、大根の加工の方法にも注目です。
どのような人気レシピがあるのでしょうか?


《続きを読んでみる》


痩せたい人が気になる糖質量について

糖質は、多い食品を食べ過ぎると、それは肥満の原因や高血圧、糖尿病になる恐れがあります。
ですので、糖質制限は食生活において非常に大事なことになります。

大根の糖質量は、どの程度なのでしょうか。
また、糖質制限レシピには、どんなものがあるのでしょうか?
まず大根の糖質量から解説していきます。


《続きを読んでみる》


電子レンジを活用した調理方法とは?

電子レンジは手軽に調理できます。
また、短時間で下処理も出来る優れたアイテムです。
大根と電子レンジの相性はどうでしょうか。

実は、抜群に良いんです。
それは、大根に含まれる水分の多さが理由になっています。
電子レンジは、食品に含まれる水分を利用して加熱させます。
電子レンジを使った大根料理は、どのようなものがあるんでしょうか?


《続きを読んでみる》


気になる賞味期限と消費期限

賞味期限と消費期限、これらの違いをご存知でしょうか?
賞味期限は、本来の味わいがある期間。
消費期限は、腐敗しない期間です。

大根の賞味期限と消費期限は、どのくらいなのでしょうか?
大根の本来の味わいや、腐敗したときの状態を解説していきます。
また、期限を延ばす方法はあるのでしょうか?


《続きを読んでみる》


鍋用、サラダ用、煮物用などに適した切り方

食材の切り方には、それぞれ名前があり、切り方を変えるだけで味も大幅に変化します。
大根はその大きさのため、料理する前にカットは欠かせません。

大根の切り方はどのようなものがあるのでしょうか。
また、切るサイズによって味はどのように変わるのでしょうか。
今回は、大根の切り方の名前や味の変化を紹介していきます。


《続きを読んでみる》


なぜ甘いの?なぜ辛いの?その理由とは…

大根を食べると辛い(からい)と感じますよね。
でも、大根は本来辛い(からい)成分は含まれていないんです。

辛味がないのに辛い?なんだか分かりづらいですよね。
これは、大根に含まれる成分が関係しているのです。

それでは、大根の「甘い」はどこからきているのでしょうか?
これも大根に含まれる成分に由来します。
今回は、大根の「甘い」「辛い(からい)」を解説していきます。


《続きを読んでみる》


すごく気になる青い部分。これ食べれるの?

大根の青い部分(青いところ)は、葉に近い部分を指す事が多いですよね。
この青い部分(青いところ)は、甘味が強い事で知られています。

しかし、大根を切った時、断面が青い場合があるんです。
これは食べられるのでしょうか。
なんだかカビみたいで、食べれるか分かりませんよね。
ここでは、稀に出現する大根が青くなる現象を解説します。


《続きを読んでみる》


プランター栽培のコツとは?

プランター栽培ができる野菜は、トマトや玉ねぎといった、手のひらサイズの野菜を思い浮かべると思います。
大根は、プランターで栽培する事は出来るのでしょうか?
あんな大きい野菜をプランターで育てるなんて、想像できないですよね。
でも、大根はプランターで栽培可能なんです!

ここでは、プランターの種類や肥料の種類なども解説していきます。


《続きを読んでみる》


育て方のコツってあるの?

野菜は、種類によって育て方も様々です。
湿度や温度を考えた育て方をしないと、美味しい野菜は作れません。
大根の育て方のコツは、どのようなものがあるのでしょうか?
適温、適湿、除虫の方法など紹介していきます。

大根の栽培は中級者向きです。
ですので、トマト、玉ねぎなどを上手く育てられる人に、おススメしたい家庭菜園です。
大根栽培のコツを覚えて、家庭菜園上級者を目指しましょう!


《続きを読んでみる》

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加